chris & chiffon
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おでかけ ** たんばらラベンダーパーク**

パパさんの提案で
ラベンダーを見に行くことになりました。
今日はおばあちゃんも一緒なので
シフォンはいつにも増して
朝からハイテンション〜♪
(母の事をシィのお友だちだと思っています。)







午前中にラベンダーを堪能してからランチの予定でしたが
渋滞にはまってしまい予定が大幅に狂いまくり

カフェには予約を入れた時間より早い到着でしたが
運良く席が空いていたので快く入れていただきました。
お休みの日はなかなか予約も入れられない人気店なので
とてもラッキーでした!!



武尊山のふもとにある『TIA Tree』さん
カフェのまわりには果樹園が広がり
お庭にはたくさんのハーブたち
テーブルの上には小さなお花が飾られ
お水の中にはブルーベーリーとミント








店内には可愛いらしい雑貨がたくさん
随所にセンスが光ります!!



テラスのみワンコOKなのですが
こちらのテラスは窓もあり
エアコンもきいているので居心地は最高♪







楽しみにしていたランチは3種類をすべてオーダー


・奥利根モチ豚のパテと旬の野菜のミルフィーユ仕立て
(くぅちゃんも興味津々で首が伸びてます)
・スズキのピカタとラタトゥユのオーブン焼きバジルソース
(お口の中でトロ〜リととろけるお魚に
 自家製のバジルソースが絶妙なバランスでした)
・ビーフとえびのグリーンカレー
(これは普通な感じ)


前菜もメインも手が込んでいてお味も良く
自家製のパンもモッチリとしてとても美味しかったです。







ランチセットのスィーツは
・ブルーベリーのタルト
・ばらのレアチーズ
・ラズベリーのシフォンケーキをチョイス


シフォンケーキの後ろに見える赤いジュースは
赤シソのアイスハーブティー
これは絶品でした。







シフォンはいつものように無邪気な笑顔ですが
食いしん坊なくぅちゃんは少々不満なお顔
食後に持参したオヤツをいただいてニッコリンになりました。








あまりゆっくりしている時間もないので
早々にラベンダーパークへ。。


6月の末から8月の末までの営業で
早咲き 中咲き 遅咲きと
ラベンダーが順々に咲くようにはしてありますが
もうすでに終盤に差し掛かっていました。
あと1週間早かったらもっと綺麗だったかな。。








頂上までリフトに乗りました。
初リフトなのでクリスは少し緊張ぎみです。
シフォンはというと怖がるどころか
前にパパさんとクリスが乗っているので
『クリ姉たんの所に行きたい〜〜〜 ピヨピヨ〜〜』と
ママの腕の中で今にも飛び降りそうな勢いで暴れまくり
下りのリフトに乗っていた方々に笑われました^^;







やっとクリスの傍にいられて
満面笑みのシフォン







頂上につくと広大な斜面に色とりどりのハーブ
風と共にほんのりラベンダーの香りが漂い
高原の風はひんやりと心地よく
ずっとここにいたい〜という気持ちになりました。







黄色いマリーゴールドがポッコリと
とっても可愛くて。。
赤いサルビアも見事でした!!







気温も湿度も低く気持ちが良いので
クリスもシフォンも良いお顔でしょ!!







帰りはリフトは使わずにお散歩をしながら
ゆっくりと下りました。
涼しかった風も下界へ移動するにつれ温かくなり
気温も2〜3度高くなったような感じでした。







遅咲きのラベンダーも
そろそろおしまい







こんなに綺麗なお花畑も
冬にはスキー場になるようです。







最後の締めは
ラベンダーのソフトクリーム







ソフトを食べている風のお写真ですが
アイスの代わりにジャーキーをいただいて
大満足なクリスとシフォンでした!!







楽しそうなふたりのお顔もみる事ができたし
束の間だったけれど
高原の爽やかな空気を満喫して
最高の1日になりました。







関越のインターの近くで
生まれて初めてこんなに大きな虹を見ました。
局所的に雨が降ったようです!!
思わず車を飛び降りてパチリンコ
何か良いことがあるかしら。。









渋滞予報が出ていたので休憩をした寄居のPA
星の王子さまをモチーフに
その世界観をPA全体で表現したそうです。


テーマパークにでも来たような
ちょっとお得な気分になりました。







今日は行きも帰りも渋滞にはまり
大変なことになりましたが
夏休み中のお出かけなので仕方ないかな。。

 





 

おでかけ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>