chris & chiffon
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
** ドイツへ No.2 **

 11月29日(木)



バスにてシュバンガウへ
アウトバーンを走っていたら突然雪景色になりました!!







お昼前にシュバンガウに到着
お世話になっているベンツの観光バスと運転手のユーロマンさん







今日のランチ
お魚のムニエルポテト添え
マッシュルームのスープ
ヨーグルトのデザート
黒スグリのジュース







いよいよ楽しみにしていたお城
ノィシュバンシュタイン城の観光ですが
昨夜からの雪でお城までのシャトルバスが運休になってしまい
30分ほど坂道を登らなくてはいけなくなりました!!



添乗員さんが「滅多にできない経験なので思い出になりますよ!!」
と言っていたけれど食後の坂上りは流石にキツかった〜〜
シャトルバスは運休したけれどお馬さんはしっかりお仕事していました。







『見えた〜〜〜♪』

曇りの日でもなかなか全景を見る事ができないらしく
今日は雪なのにラッキーだそうです!!
前回さや姉が来た時は霧で全く見えなかったというので
頑張って坂道を登った甲斐がありました!!







バイエルン国王ルートヴィッヒ2世が残したノイシュバンシュタイン城は
中世騎士の城をイメージして贅を尽くして建てられた神秘的で
とってもメルヘンチックなお城です。
外観の美しさからディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったそうです。
お城の内部も外観の美しさに負けず劣らずまさに博物館のような感じでした。







バスのパーキングまで今度は坂道を下ります!!
途中でお城の絵が描いてあるマグのグリュ―ワインを発見したので
滅多にお酒を飲まないさや姉ですがまたまたお買い上げしていました!!
2人で1マグですが甘くて暖かいワインは美味しくて
寒さで冷え切った身体にしみます。







バスのパーキングからノィシュバンシュタイン城の反対側の小高い丘を見ると
ホーエンシュバンガウ城が見えます。
このお城はルートヴィッヒ2世の父マクシミリアン2世が建立したもので
ルートヴィッヒ2世が幼少時代を過ごしたお城です。
ルートヴィッヒ2世はホーエンシュバンガウ城よりはるかに高い場所に
立派なお城を建てるのが夢だったそうです。



 





シュバンガウを出発しヴィースへ
ロマンチック街道の終点フュッセンの近くにこじんまりとしたクリーム色の教会があります。
この小さな教会が世界遺産にも登録されている「ヴィース教会」です。







内部は外観からは想像もつかない華やかな装飾に満ちていて
18世紀ドイツ・ロココ建築の最高傑作とされています。







外観は普通の教会ですが一歩中に入った瞬間
その華やかで壮麗なロココ芸術の内装に圧倒されました。








バスにてミュンヘンへ
今日はこのビアホールでお夕食です。
『ホーフブロイハウス』
ヒットラーも演説をしたそうで観光スポットとなっています。







生ビール
オニオンスープ
ローストチキン ポテトサラダ添え
アップルパイ



とても1人前の量とは思えませんでした!!







男性と女性のスタッフが軽々持ちあげて運ぶジョッキ
テーブルの上のジョッキは少し前までこの男性の左手にありました!!
たくまし過ぎです!!







お酒は強くないのですがドイツのビールには興味津々
黒ビールは飲みませんでしたが白ビールは飲みやすくて美味しかったです。



昨日の雪は初雪だったそうです!!
雪もドイツらしく風情があってステキなのですが
せめて全日曇りだったらなぁと思ってしまいます。
これからの季節はどんより薄暗いドイツです。




旅行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://graces.jugem.jp/trackback/507
<< NEW | TOP | OLD>>