chris & chiffon
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
** ドイツへ N0.5 **


12月1日(土)午後



テディーベアーの故郷キーゲンを後にしローテンブルクへ
14時過ぎにホテルに到着しました。







周囲を全長3.5kmの城壁にぐるりと囲まれた
中世の面影を残す街は『中世の宝石』と呼ばれています。
赤い切妻屋根・かわいい看板・石畳の路地・城壁に囲まれた街並みは
まさにおとぎ話の世界そのままです。


 








ローテンブルクはさや姉が前回訪れた時にはほとんど人がいなくて
『魔女の宅急便』の街そのものという感じだったようで
ドイツの中でも一番のお気に入りだと言っていたのですが
今回はクリスマスシーズンだけあってもの凄い人
ちょっぴりガッカリしていたようです。



可愛い街にもワンコちゃんがいっぱい〜







市庁舎(左)と宴会館(右)







市庁舎前のマルクト広場に並ぶクリスマスマーケット



 





聖ヤコブ教会



14〜15世紀にかけて建てられたゴシック様式の教会で
祭壇にある十字架の中央の水晶の容器の中には
キリストの御血が保存されていると言われています。







宴会館のマルクト広場に面した切り妻部分には
町を救った市長がワインを一気飲みするという昔話しに由来する
仕掛け時計が設置されています。







ローテンブルクの主婦はお家をとにかく大事にし
毎朝窓をピカピカに磨く習慣があるそうです。
耳が痛いっ!! 見習わなくてはいけません!!
うーんっ!! でも毎日なんてできないわーーー^^;



 





ブルク門はお城が崩壊した後に作られたローテンブルクで最も高い門の塔です。



 





ブルク公園







ブルク公園から臨む新市街






絵になりますねーー







市庁舎横のマーケット



 





クリスマスグッズ専門店『ケ―テ・ウォルファルト』(上左以外の3枚)
撮影禁止だったので内部のお写真はありませんがキラキラでとても綺麗でした!!
大きな白いくまちゃんのいるお店は(上左)
前回来た時にシュタイフのモーツァルトベアーをゲットしたお店だそうです。







どこを見てもクリスマス一色







さや姉が『こんにちは!!』をしています。
この後オーナーさんが『お手・おかわり』を披露してくれました。
万国共通でしたよ^^v







ヨーキーちゃんファンにはたまりませんね!
こんな素敵なご夫婦にも会いました。



 





ローテンブルク名物『シュノーバレン』
さや姉がとっても楽しみにしていた焼き菓子です。
サクサクとした食感で粉砂糖のきいた優しいお味でした。
お夕食の前なのでひとつをさや姉と分けたのですがもっと食べたかったなぁ。。
とっても美味しかったです!!







日もおちてだんだん暗くなってきました。



 




ショーウィンドウもキラキラ素敵です。







路地に入ったところが騒がしいので行ってみました。
行ってみるとグリューワインのお店でした。
『ヤーパン?』と聞かれて『ヤー!!』と答えたさや姉
『ぼちぼちでっか!!』と言われてビックリ(笑)
大阪にお友だちがいるとかで片言の日本語を連発
楽しいオーナーさんでした。







騒がしかったのは2階のおばあちゃま
マグを持っているさや姉を見つけて
『ヤーパン〜?ヤーパン〜?』と叫んできました。
さや姉が『ヤー!!』と答えるとお菓子の袋が降ってきました!!
日本びいきの楽しいご家族のお店でした♪







雑誌のワンシーンみたいでしょ!!
ワンコ連れもどうしてこんなにカッコイイのでしょう?!









ホテルに戻り今日の夕食です。
ジャーマンステーキ
やっぱりコールスローのたっぷり入ったサラダ
ブラッドオレンジジュース
デザートはチョコレートのムースにキウイのソースとアイスクリーム
摩訶不思議なお味でした(笑)







早いものでいよいよ明日は帰国日です。
早く帰りたいようなもう少し楽しんでいたいような不思議な気持ちです。
でも明日は可愛い子ちゃんズに会える〜と思うとワクワク!!
やっぱり早く明日にならないかなぁ。。 




旅行 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://graces.jugem.jp/trackback/510
<< NEW | TOP | OLD>>